出稼ぎバイトでのNG対応

全国に風俗店は存在しているが地域によっては風俗嬢が集まらない・足りないといったこともあるため、現在は遠方から出稼ぎバイトとして働きに来る風俗嬢に頼るお店も増えてきている。また遠方であるために近しい人に風俗で働いていることがばれにくい・違う地域から来たことで人気が出て稼げる可能性があるといった理由でこれを希望する女性も少なくないという。しかし同じ日本であっても地域が違うと、普段のような対応をしていてもそれがトラブルにつながることもある。ここでは出稼ぎバイトをしようとしている人に対し、遠方の風俗店で働く上でやめておいた方が好ましい対応について書いていこうと思う。

○男性を立てない

中心都市の歓楽街などの風俗店に在籍している女性の中には、男性を立てずに自分本位の接客やプレイを行う人もいる。これを「ツンデレ対応」などと喜ぶ人もいるが地方都市の場合は真面目な県民性の地域もあり、プレイ中にトラブルになる可能性もあるので出稼ぎバイトでは極力やめた方が良い。

地域によってはそのような対応をされただけで怒り出し説教が始まること、我慢して何も言わずに耐えているが悪評が立ちお店の悪くなる場合がある。地方都市の場合はお店の数も少なく地域の人に知れ渡るのが早いため、後者のように悪評が立ってしまうことはお店の運営に大きく影響してしまう。自分の対応のせいで出稼ぎバイトをしていた風俗店が閉店に追いやられたとあっては後味が悪いと思う。

そのため出稼ぎバイトで地方都市の風俗店で働く際は、できるだけ男性を立てないような対応は控えるべきだろう。

○むやみに地元ネタを話す

東京や大阪の中心都市から地方都市に観光などで訪れる際に、その地域の名産品など他地域から見たその地域定番のネタを話す人も少なくない。それは出稼ぎバイトでその地域に行く風俗嬢も同じであると思うが、実はこのようなネタに嫌悪感を示す人も少なくないので話をしない方が良いだろう。

その地域によっては名産品・ゆるキャラ・観光スポットなど限られたものしか有名ではない場合もある。ただ他地域では有名だが地元では浸透してない、その話ばかりされて辟易しているというケースもあるのだ。多くの人はそのことに関して分かりやすく不快感を示すことはないが、中にはその話をされただけで塞ぎ込むような人もいるので注意は必要だ。

そのようなこともあるためその地域に関わる定番ネタを気軽に話すことは、出稼ぎバイトで他地域の風俗店で働く際は控えた方が無難だろう。

出稼ぎバイトで貯金する